千葉大学|高大連携企画室

 

     
ホーム btn_03gif e-マガジン リンク  

【告 知】
 
 
jisedai program
 
高大連携専門部会 教職員紹介

■氏名
プロフィール


足立 欣一

勤務日:火、木、金
勤務時間:
9:00〜16:00

千葉県公立高等学校に勤務し、千葉県高等学校教育研究会地理部会に属し、調査研究、庶務、事務局次長、副部会長、部会長を努める。各種研究協議会、地理巡検、野外調査技術研修会等々の運営に寄与した。県教育委員会の地理教科研究員、地理教科指導員等を努めたのち、県教育庁教育振興部指導課指導主事として、高等学校訪問等々をとおして、授業改善・評価改善に尽力し、本県地理教育発展のため貢献した。また、千葉県高等学校教育研究会会長として、35部会の円滑な活動に寄与した。地理部会長のほか、国際教育研究部会長も歴任し、部会運営にも貢献した。加えて教頭としては、県立船橋高校の単位制の導入、SSHの指定、佐倉高校において進学指導重点校の指定、理数科設置準備、SSHの指定準備に関わった。校長としては、小金高校において5年間「県立学校改革プラン・第2次実施プログラム」に基づき、県内初の「進学を重視した総合学科」を設置するなど、学校改革に貢献した。


misu

御須  利

勤務日:月、火、水
勤務時間:
10:00〜17:00

 千葉県内公立中学校、高等学校教諭、 若松高校を最後に定年退職、H26年7月 から 現職。
 日本理化学協会全国大会及び関東理 科研究発表会などにおいて、自作教材を用い た理科教育についての多くの発表を行った。「東レ理科教育賞」を受賞。
 著作で は@LC共振回路の応用Aプロ グラム作成の過程を通した学習Bパソコ ン計測の活用C 投射速度の測定装置の製作と利用Dデジタルタイマーの製作と利用E大気圧空気GM 計数器の改良F4℃付近の水に異常発見G概念形成・感性を養う物理教育、いずれも物理教育(日本物理教育学会)H情報の流れに視点をおいた気象教材の開発、日本科学教育学会Iコンピュータの導入と活用、一橋出版(共著)J自然認識を重視した教材研究、千葉教育(千葉県総合教育センター)K高校理科におけるコンピュータの活用、理科教育研究(千葉県総合教育センター)などがある。

小野寺 重喜

勤務日:月〜金
勤務時間:
9:00〜16:00

 定年退職から早3年目に突入しました。今年は平成27年になりますが私は昭和27年生まれで,生まれ変わりのつもりで自分自身を過去の出来事 −ギター弾き,自転車ツアーリング,二輪免許再取得,トリッキング,スポーツ(多種多様)等− にリセットをして再チャレンジをしてみます。もちろん現在続けている「東北3県復興商店街訪問(昨年は4か所)」「放送大学受講」はもとより新たに「山里のけやきの苗植樹」等のイベントに参加をしていろいろと経験をしたいと思っています。よろしくお願いいたします。