千葉大学 高校生理科研究発表会歴代朝日新聞社千葉総局長賞(指導者賞)受賞者一覧
No 年度 受賞者氏名 所     属 科目 受  賞  理  由 備考
1 19 堀   亨 千葉県立千葉高等学校 教諭 物理  千葉市立千葉高校における理数科海外研修や、全国で初めてのSSH校の運営に優れたリーダーシップを発揮され、同校の理数教育に大きな貢献をした。また、生徒の科学研究等でもさまざまな賞を受賞するなど大きな成果をあげられた。  
2 19 谷口 徹也 千葉市立千葉高等学校 教諭 物理  堀先生のあとを受け、SSH事業終了後もSPP事業等を大いに活用し、千葉市立千葉高校における生徒の科学研究活動を盛んにすることに多大の貢献をした。特に、生徒の身近なテーマを尊重した課題研究の指導において、大きな実績を上げられた。  
3 20 尾竹 良一 千葉県立船橋高等学校 教諭 生物  千葉県立船橋高校におけるSPP事業導入に際し、校内の理科教員をよくまとめ、学校の特色化作りに積極的に取り組んだ。結果として、同校は毎年多数のSPP事業が採択され、県内の多くの学校の目標となるなど理科教育の振興面で大きな業績をあげた。  
4 20 小泉 治彦 千葉県立柏高等学校 教諭 地学  千葉県立柏高校のSSH事業において中心となって取り組み、同校の理数教育の発展に大きな貢献をした。また、SSH校における合同の大島野外実習を計画し、生徒の科学研究に役立てるなど、多大な成果をあげてこられた。  
5 21 鎌形  豊 千葉県立長生高等学校 教諭 物理  SPP事業を活用した物理教育の実践に長年取り組まれるとともに、その成果を生かして、生徒の化学研究を大変熱心に指導し成果をあげてこられた。  
6 21 中島 哲人 千葉県立柏中央高等学校 教諭 化学  学生科学賞や、JSECに参加する生徒の科学論文の指導に長年情熱をもって取り組まれ、さまざまな賞を受賞するなど大きな成果をあげてこられた。  
7 22 野澤 則之 千葉県立柏の葉高等学校 教諭 地学  平成19年の「千葉県立柏の葉高等学校」の開校と「情報理数科」の設置とその後の学校の発展に多大な尽力をした。また、高校生理科研究発表会においても、情報理数科の生徒に対し、ユニークで優れた研究の指導を行い、数多くの発表をさせるなど大きな成果をあげてこられた。  
8 22 細谷 哲雄 市川高等学校 教諭 物理  平成21年に市川学園中学校・高等学校がSSHの指定を受ける中で、当該事業の推進者の一人として活躍中である。生徒の理科研究指導に特に優れ、結果として当該学校の生徒が多様な分野に関心を示すとともに熱心に研究に取り組むなど、その科学的能力の育成と発展に大きく貢献してこられた。  
9 23 中台 文夫 千葉県立柏高等学校 教諭 化学 長年にわたり化学領域を中心に、千葉県高等学校教育研究会理科部会で先頭に立って活動し、本県理科教育の振興に尽力してきた。特に、千葉県立柏高校の理数科及びSSHの円滑な運営や課題研究指導に対し、大きな牽引力を発揮し、多くの生徒の科学的思考の育成に貢献している。  
10 23 高橋 健治 千葉県立柏高等学校 教諭 数学 科学の基盤をなすとも言える数学領域において、長年培った独自の教育方法を工夫・開発し、数学教育に取り組んできた。また、県立柏高校の第1次SSH導入に積極的に関わり、導入後も学校の中心となってその定着と運営に尽力し、大きな成果を上げてきた。  
11 24 木村 孝康 千葉県立千葉東高等学校 教諭 生物  長年に渡り生徒の課題研究指導に取り組むと同時に、普通科高校におけるSPP事業に率先して取り組み、校内の理科教育体制の確立のみならず特色ある学校づくりにおいても大きく貢献してきた。また、SPPに参加した生徒に対して事業終了後も継続して指導に当たり、校外で発表できるレベルに発展させる指導法は、県内のSPP実施校教員に対して模範となり、大きな励みと目標となったことは特筆に値する。  
12 24 田辺 浩明 千葉県立長生高等学校 教諭 地学  長年に渡る理科教育の実践の中で、特に、県立長生高校のSSH事業の体制づくり並びに定着に大きな力を発揮している。また、「科学の甲子園」千葉県代表チームの監督、「地球惑星科学連合大会研究発表」最優秀賞の指導など、生徒の意欲と行動を引き出す原動力となっていることは、当該高等学校の幅広い教育活動の展開や活力ある学校作りに大きく貢献している。  
13 25 宇田川信次 千葉県立東葛飾高等学校 教諭 数学 県立柏高校の第1期SSHの実施に際し計画段階から採択後の円滑な運営に関し常に中心的存在としてけん引した。また、その後普通科における数学教育に熱心に取り組むとともに、県立高校の再編計画に基づく勤務校の学校改革事業に率先して取り組み、未来型の理数教育構築の原動力として活動している。  
14 25 野 裕 千葉市立千葉高等学校 教諭 化学 本県における課題研究指導の草分け的存在であり、長年に渡る生徒の課題研究指導の実践を通して、生徒個々に応じた指導法を確立した。また、それらの教育活動に加え、千葉市立千葉高等学校の理数科やSSHの企画・運営に際し、多くの考え方を集約しながら一つの方向性にまとめあげ、当該高等学校をSSH事業のモデル校的存在に高めた。  
15 26 曽野 学 千葉県立船橋高等学校 教諭 化学  
県立船橋高校のSSHの立ち上げ及び円滑な運営に寄与するとともに、特に資質と意欲のある生徒の一層の向上を目指す高度で発展的プログラム(トップセミナー)の企画、運営に尽力した。この取り組みが本県内外の理科教育に幅の広さを与えた功績は大きい。
 
16 26 吉田 昭彦 千葉県立船橋高等学校 教諭 地学  
県立船橋高校におけるSSHのけん引役として大きな力を発揮してきた。特にコアSSHの企画、運営については広範な見地から取り組み、幅広い協力体制を構築することにより、県内の多くの高校及び中学校の理科教育の発展にも大きく貢献している。
 

17

 

27

 

秋本 行治

千葉県立千葉高等学校

 

教諭

 

物理
前任校船橋高校では、SPPに積極的に取り組みSSHの礎を築いた。SSHの実施運営の責任者としてリーダーシップを発揮し、台湾研修での英語の課題研究発表や1年生全員による課題研究発表を実施する等、課題研究の発展・充実に大きな実績を上げている。
 

18

 

27

 

太田 和広

 

千葉市立千葉高等学校

 

教諭

 

化学
SSHのリーダーとして、課題研究では、生徒の興味、関心、意欲を活かしたテーマ設定を行う等のこれまでの指導方法をしっかりと引き継ぎ、さらに発展させ大きな成果を上げた。課題研究に加え、教科横断的な学習等に積極的に取り組み注目を集め、県内の理科教育の発展に大きく貢献した功績は大きい。
 

19

 

28

 

古賀 直子 千葉県立薬園台高等学校 教諭 生物 勤務校では、毎年自然科学系の部活動を通して、課題研究に熱心に取り組み、着実に成果を上げている。様々な科学コンテストに積極的に参加し、ISEFで入賞する等、生徒の資質、能力を伸ばすとともに、学校の活性化にも大きな成果を上げている。その功績は大きいものがある。  

20

 

28

 

岩田 久道 渋谷教育学園幕張高等学校 教諭 化学 高校生理科研究発表会や科学の甲子園に毎年応募し、全国優勝をはじめ上位の成績を上げる等、優れた指導力を発揮した。これまでの優れた科学教育への業績とともに、県内の理科教育の発展に大きく貢献した功績は大きいものがある。